ホットウィール

2020.05.12

ルノー 5 ターボ(ホットウィール)

2017年10月発売のホットウィールのモダンクラシックスから、ルノー5ターボのレビューです。

自分の隣街では、サイドラインでしかもリアルライダーなのに、めちゃくちゃ余っているという現象が起こっています。

ベーシックカーをリアルライダー仕様にカスタマイズしたいという思いから、このモダンクラシックシリーズに白羽の矢が立ちましたw

元々、自分も「ふーんリアルライダー、でもルノーか」と言う感じで、毎回スルーしていましたが、手に取ってみて気づきました・・・

めっちゃルノー5ターボカッコいいやん!と

なので今回のレビューは、いつもより写真多めの内容ですw

パッケージ

パッケージは、写真を重ねたようなデザインになっています。
裏面には、モダンクラシックスのシリーズ一覧が載っています。
ホンダのCR-Xとかも未だに残ってるんだよなぁ~。
姉妹車のシビックは、ベーシックカーとかでも人気なんですけどね。

ルノー 5 ターボ(モダン・クラシックス)

フロント・リア
サイド

モダンクラシックスのルノー5ターボは、ボディ(メタル)×シャーシ(メタル)で、タイヤはゴム製のリアルライダー仕様になっています。

内装も凝っており、ロールバーが設置されています。

実車同様に大きさも、他の車に比べコンパクトですが、メタルなので重量感があります。

綺麗に印刷されている、ボディのグラフィックです!

ヨコハマタイヤ、スパルコ、カストロール等のメーカー名が印刷されています。
ルノー5はラリーでも活躍したので、そのイメージですかね!

さらに注目したい部分はコチラ!

リアタイヤ部分のフェンダーです。
実車さながらのクオリティですね!

感想

最初は、リアルライダー用のカスタム目的での購入でしたが、手に取って見てそのカッコよさに気づいた次第です。
ルノー5ターボ自体、ライト類は塗られていないので、今度ガンダムマーカーでペイントしてみようと思います。

カスタム目的と思っていましたが、書いている途中で気づいたことがあります。
それはルノー5ターボが、前後タイヤ幅が違うということです!
同じ、タイヤ幅の物を用意するには、もう一台必要ですね。

まぁホイールのデザインが、個人的に好みなので、後何台かは欲しいというのが本音ですがw

■商品情報
メーカー:マテル
種類:ホットウィール モダン・クラシックス
商品名:ルノー 5 ターボ
購入店:トイザらス

2019年9月 ホットウィール発売情報前のページ

ホットウィールのカスタマイズ【スミ入れ編】次のページ

関連記事

  1. ホットウィール

    2014 カスタム・マスタング(ホットウィール)

    2019年12月に発売された、ホットウィールのサイドライン「クルーズ…

  2. ベーシックカー

    ダッジ・チャレンジャーSRTデーモン(ホットウィール)

    2019年9月に発売されたホットウィールのベーシックカーより、ダッジ…

  3. ベーシックカー

    2018フォード マスタングGT (ホットウィール)

    2019年4月発売のホットウィールより、2018フォードマスタングG…

  4. ホットウィール

    ロータス・エスプリS1(ホットウィール・レトロ)

    2020年1月に発売されたホットウィールのレトロエンタテイメントシリ…

  5. ホットウィール

    ロックスター(ホットウィール・TH)

    2018年5月発売にホットウィールから発売された、ロックスターのレビ…

  6. ホットウィール

    2016フォードGTレース(ホットウィール)

    2018年11月発売のホットウィール・カーカルチャー「サーキット・レ…

おすすめ記事

トイザらス・オンラインショッピング
タカラトミーモール
  1. ホットウィール

    ホンダ S2000(ホットウィール)
  2. ホットウィール

    GMCサイクロン(ホットウィール・パワートリップ)
  3. ホットウィール

    BMW M3(ホットウィール)
  4. カスタム・DIY

    ホットウィールのブリスターを綺麗に開ける方法【第4回 除光液編】
  5. 戦果報告

    戦果報告 8月1日(ホットウィール)
PAGE TOP