ベーシックカー

2020.07.9

1976グリーンウッド・コルベット(ホットウィール)

2020年1月に発売されたホットウィールベーシックカーより、’76グリーンウッド・コルベットのレビューです。

1976グリーンウッド・コルベット

グリーンウッドについて調べてみると、コルベット専門のチューニング&レーシング会社が制作したマシンで、ル・マンやデイトナの24時間耐久レースに出場していたみたいです。

パッケージ

1976グリーンウッド・コルベット 全体レビュー

初登場は2012年のグリーンウッドコルベット。
2017年を除いて、毎年何らかのシリーズで発売されています。

個人的に思うのが、正面から見ると、ヘッドライトカバーのせいかバットモービル風に見えてしまいますw

マフラーはサイド出しになっています。

特長的なヘッドライトカバー。
LEDライトとか入れたらいい感じに光りそうです。

シボレーのマークが付いています。

リアフェンダーもかなりワイドです。

C3型コルベットは、前後のフェンダーが膨らんだ形をしており、コーラの瓶を連想させることから「コークボトル」の愛称があります。

このグリーンウッドコルベットは、ノーマルよりも前後のフェンダーが膨らんでいるので、よりコークボトルっぽくなっていますね!

上下から見てもこの通り。
ちなみにシャーシはホワイトです。

感想

僕は最初このコルベットはC4型と思っていました。何かリアバンパーの形がそれっぽかったので。

ネットでグリーンウッドコルベットを調べてみると、当時のレースで活躍している姿が見られました。

その中でも、レースっぽいグラフィックが描かれていないモデルもあったので、もしかしたらロードカー的な存在の車もあったのかなと。

ホットウィールでは、毎年、何らかのバリエーションのモデルが出ているので、そろそろグラフィック無しのものも出ないかなと思ったり!

今回、見ていて気に入ったので、カーカルチャーのシルエッツで出たモデルも買っておけばよかったと若干、後悔しましたw

■商品情報
メーカー:マテル
種類:ホットウィール ベーシックカー
商品名:’76グリーンウッド・コルベット
購入店:ヴィレッジバンガード

以上、’76グリーンウッド・コルベットのレビューでした!

コレクターの方、ミニカーを好きな方、これから購入を検討されている方にとって、このレビューや情報が、少しでもお役に立てばと思います。お読みいただきありがとうございました!

スバル WRX STI Type S 日本警察仕様(トミカ・イオンオリジナル)前のページ

戦果報告 最近の購入品(マジョレットミニカー)次のページ

関連記事

  1. ベーシックカー

    日産180SXタイプX(ホットウィール)

    2016年9月発売のホットウィールベーシックカーより、日産180SX…

  2. ベーシックカー

    シボレー・カマロ ZL1(ホットウィール)

    2018年11月発売のホットウィールから、シボレー カマロZL1のレ…

  3. ホットウィール

    日産180SX TYPE X(ホットウィール)

    2019年9月発売のホットウィールカーカルチャーシリーズのストリート…

  4. ホットウィール

    ハンヴィー(ホットウィール・TH)

    2019年5月発売のホットウィールから、ハンヴィー(トレジャーハント…

  5. ベーシックカー

    ’71 マスタング ファニーカー(ホットウィール)

    2019年2月発売のホットウィールより、'71マスタング・ファニーカ…

  6. ホットウィール

    ランド・ローバー・ディフェンダー110ハード・トップ(ホットウィール)

    2019年10月発売のホットウィールプレミアムサイドライン「フュリア…

おすすめ記事

トイザらス・オンラインショッピング
タカラトミーモール
  1. マジョレットミニカー

    シボレー・シルバラード(マジョレットミニカー)
  2. ベーシックカー

    ’71 マスタング ファニーカー(ホットウィール)
  3. トミカプレミアム

    スカイライン ターボ スーパーシルエット(トミカプレミアム)
  4. ベーシックカー

    ランドローバー・ディフェンダー・ダブルキャブ(ホットウィール)
  5. カスタム・DIY

    【第1回】マジョレットミニカーの分解
PAGE TOP