ホットウィール

2020.05.12

1985 ホンダ CR-X(ホットウィール)

2017年9月発売のホットウィールカー・カルチャー「モダン・クラシックス」より、1985年式ホンダCR-Xのレビューです。

パッケージ

モダン・クラシックスシリーズは全5車種です。

1985年式 ホンダ CR-X

1983年にデビューしたホンダCR-Xです。
僕は今でもシビックと間違ってしまうことがありますw

モデルの年式が85年となっており、多分、CR-Xの前期型と思われますが、ちょうど85年にマイナーチェンジが行われ、実車と比べてみても前期か後期かハッキリ分からない気がします。(単純に知識不足ですね)

ボディは、オレンジとブラックのツートンカラー。
エアロバンパーやブリスターフェンダーが装着されています。

内装も再現され、右ハンドルです。
ホットウィールには珍しい!?左右ドアのウィンドウはありません。

タイヤ&ホイールがとにかくカッコいい。
リアルライダーで、ワタナベホイールのエイトスポークっぽくていい感じ!
このホイールは、いろいろとカスタムで使えそうですね!

見ていて気が付いたのですがこのCR-X、ボンネットのインティーク?が、めっちゃエグいです!w

確かCR-Xは「FFライトウェイトスポーツ」だったと思い、エンジンはどこ?となりました。

リアを見てみると、なんとエンジンがトランクに移設されているじゃないですか!?w

というとこのCR-Xは、MR?それともRR仕様ということでしょうか?

この感じだと、車内はものすごく暑いか、音がすごそうとか余計な事を考えてしまいますね!w

シャーシももちろんメタル製で、マフラーも再現されています。

感想

モダン・クラシックスのCR-Xのレビューでした。

実車さながらのコンパクトサイズなので、他のホットウィール(プレミアムラインなど)と比べると若干、小さく感じ、メタル×メタル製でも軽く感じますが、リアルライダー仕様等、作りは良いと思います。

ちなみにこのCR-X、店舗によっては、まだまだ売れ残っている印象があります。

日本車の実車(しかもホンダ)なのにと、いつも売場で思っちゃうんですよねw

たしかシビックの姉妹車ですよね!?
ベーシックのシビックは、颯爽と売場から姿を消すのに対し、この違いは何なのか!?w

と、

どうでもいいことが気になってきたので、

今日は、この辺で!w

■商品情報
メーカー:マテル
種類:ホットウィール カー・カルチャー モダン・クラシックス
商品名:’85ホンダCR-X
購入店:ヤマダ電機

以上、’85ホンダCR-Xのレビューでした!

コレクターの方、ミニカーを好きな方、これから購入を検討されている方にとって、このレビューや情報が、少しでもお役に立てばと思います。

お読みいただきありがとうございました!

BMW M1 PROCAR(ホットウィール)前のページ

スバル WRX STI(マジョレットミニカー)次のページ

関連記事

  1. ホットウィール

    キャデラック・エルミラージ(ホットウィール・5パック)

    2020年発売のホットウィール5パックのエキゾチックスより、キャデラ…

  2. ベーシックカー

    フォルクスワーゲン ゴルフMK2(ホットウィール)

    2019年7月発売のホットウィールから、フォルクスワーゲン ゴルフM…

  3. ホットウィール

    日産スカイラインC210(ホットウィール・ブールバード)

    2020年10月にセブンイレブン限定で発売された、ホットウィール・ブ…

  4. ホットウィール

    BMW M1 PROCAR(ホットウィール)

    2018年6月発売のホットウィールカー・カルチャー「ユーロ・スピード…

  5. ホットウィール

    フォードF-150ラプター2017(ホットウィール)

    2019年10月に発売された、ホットウィール・カーカルチャー・デザー…

  6. ベーシックカー

    トラックマンガ(ホットウィール)

    ホットウィールのトラックマンガのレビューです。こちらは通称:謎車と呼…

おすすめ記事

トイザらス・オンラインショッピング
タカラトミーモール
  1. ホットウィール

    モンスタートラック・タクシー(ホットウィール)
  2. 何これホットウィール

    【第1回】何これホットウィール
  3. 戦果報告

    戦果報告 2019~2020の年末年始分(ホットウィール・トミカ)
  4. ベーシックカー

    2017 フォードGT(ホットウィール)
  5. 発売情報

    ホットウィール福袋【2020年】情報
PAGE TOP