カスタム・DIY

2019.09.19

ホットウィールの汚れ落とし【ガンダム消しペン編】

第2回になります、ホットウィールのテスラモデル3に付いている汚れ落としの内容になります。

前回の記事はこちら ⇒(ホットウィールの汚れ落とし【除光液編】

除光液では汚れが落ちず、他のやり方を探していたところ、ガンダムの消しペンと言うもので、ホットウィールのタンポ印刷が落とせるということを発見したので、試してみたいと思います。

準備・用意するもの

ガンダムの消しペンです。お店で150円くらいで購入できました。
消しペンを直接擦ると強すぎる可能性があるので、綿棒も一緒に購入しました。

この綿棒を選んだ理由は、片方の先端が少し尖った感じになっているので、今後、隙間等、作業するときに便利かな?と思ったためです。

作業スタート!

綿棒に消しペンの液を染込ませます。

綿棒で擦りますが、変化はありません。

そこからさらに磨くこと10分・・・。
変化があまり見られなかったので、思い切って消しペンで直に擦ってみたところ、

なんと!
汚れが徐々に落ちてきました!

消しペンを擦る向きによって、汚れが落ちる具合が変わります。
汚れの原因は、何かが刷り込んでしまったのかもしれません。

 

消しペンで汚れが落ちて、喜んだのもつかの間でした。

消しペンの液が染込みすぎたため、なんと塗装面が剥がれてしました・・・。

感想

結果は、ガンダムの消しペンで汚れは取れましたが、塗装も剥がれてしまう結果となりました。消しペンで行うときは、綿棒等に液を染込ませて、少しずつ行うということですね。

今回は、塗装が剥がれてしまったので失敗となりましたが、次回は気をつけて行いたいと思います。とりあえずこの作業で、テスラモデル3の件は終わりとします。

またどこかで、汚れ落としの情報を発見したら、再度チャレンジしてみようかと思います。

アキュラ(ホンダ)・インテグラGSR(ホットウィール)前のページ

幼稚園 付録 フェアレディZ(トミカ)次のページ

関連記事

  1. カスタム・DIY

    ホットウィールのカスタマイズ【スミ入れ編】

    前回購入したガンダムマーカーを使って、ホットウィールのスミ入れを行い…

  2. カスタム・DIY

    ホットウィールのウイングを直す回【BRZ編】

    前回、ホットウィールのパンデムBRZをレビューした際に、ウイングが「…

  3. カスタム・DIY

    ホットウィールのブリスター開封【除光液・保存版】

    ホットウィールのブリスターパック(ベーシックカー)を綺麗に開封する方…

  4. カスタム・DIY

    マジョレットミニカーのブリスターを綺麗に開ける方法【第5回 除光液編】

    マジョレットミニカーのブリスターパックを、除光液を使って開封する回で…

おすすめ記事

トイザらス・オンラインショッピング
タカラトミーモール
  1. ホットウィール

    日産シルビア(ホットウィール・Street Tuners)
  2. トミカリミテッドヴィンテージネオ

    日産GT-R2017(トミカリミテッドヴィンテージネオ)
  3. マジョレットミニカー

    ランボルギーニ レヴェントン(マジョレットミニカー)
  4. ホットウィール

    ’67カマロ(ホットウィール)
  5. 購入品

    トイズキャビン 1/64ガレージツールコレクション
PAGE TOP