カスタム・DIY

【第1回】マジョレットミニカーの分解

先日、購入したマジョレットミニカーのランボルギーニレヴェントンですが、シャーシを見たところ、ネジ式だったので分解してみることにしました。

準備・用意するもの

分解するミニカーのレヴェントンと今回使用するドライバーです。
ドライバーは、ネジのサイズから「超精密ドライバー」が合うのでコレを使います。超精密ドライバーは100均で購入したものです。メガネの調整で使うこともありますよね。
ちなみに100均で残り一つだったので、意外と需要があるんだなぁと思いました。

作業スタート

シャーシとボディは、2箇所でネジ止めされています。
リア側はすんなりとネジが回りましたがフロント部分が硬く、少々、苦戦しました。

ランボルギーニ レヴェントンの分解

一応、それっぽく撮ってみましたw
初めての分解と言うこともあり「難しいかな」とも思いましたが、マジョレットは簡単でした。
マジョレットは、ボディ、ウインドウ、内装、シャーシのパーツ4点で構成されています。

内装とエンジンもそれなりに再現されていました。
こういう細かい部分の色入れをすることで、リアル感が増したり、カスタマイズする楽しさが広がっていくんですね!

感想

ミニカーのコレクションを再開してから、初めてマジョレットミニカーを開封したのがこのレヴェントンでした。

子供の頃に持っていたマジョレットはたしか、カシメだったので、最近のマジョレットはネジ式なのかーと、少し感心してしまいましたw

最近、念願の電動ドリルを購入したので、次回はトミカかホットウィールを分解してみたいと思います。

トヨタ・スープラ(トミカプレミアム)前のページ

ランドローバー・ディフェンダー・ダブルキャブ(ホットウィール)次のページ

関連記事

  1. カスタム・DIY

    ホットウィールのブリスターを綺麗に開ける方法【カッター編】

    前回の除光液編に続き、ホットウィールのブリスター開封を行います。今回…

  2. カスタム・DIY

    ホットウィールのカスタマイズ【スミ入れ編】

    前回購入したガンダムマーカーを使って、ホットウィールのスミ入れを行い…

  3. カスタム・DIY

    ホットウィールのブリスター開封【除光液・保存版】

    ホットウィールのブリスターパック(ベーシックカー)を綺麗に開封する方…

おすすめ記事

トイザらス・オンラインショッピング
タカラトミーモール
  1. 発売情報

    2019年11月 トミカ新車発売情報
  2. ホットウィール

    ホンダ S2000(ホットウィール)
  3. 戦果報告

    戦果報告 8月15日(トミカ・トミカプレミアム)
  4. 発売情報

    2020年1月 ホットウィール発売情報
  5. マジョレットミニカー

    ランボルギーニ レヴェントン(マジョレットミニカー)
PAGE TOP